高齢者が快適な住まい

住まいをバリアフリー化

高齢者のための住まい

若い頃から長い期間にわたって住んでいる、住み慣れた住まいであっても、高齢者になれば住みにくさを感じることもあるでしょう。そこで、年齢に応じたバリアフリーを取り入れるなど、リフォーム工事を考えてみてはいかがでしょうか。高齢者の介護度によっては、費用の1割程度の自己負担をするだけで、今の住まいをより快適に生活出来るように直せるのです。まずは、普段お世話になっているケアマネジャーに相談することから始め、住居のどの部分に不便さを感じているのか、バリアフリーにしたら便利だと考えているのかなどを話し合って決めると良いでしょう。

高齢者対応のバリアフリー化工事

ライフスタイルに合わせて住まいのあり方を変えていくことは既に一般的となっています。高齢化社会を迎えた現在、需要が高まっているのがバリアフリー化の工事です。バリアフリー化工事とは、住宅の段差を解消して車いすでの移動を楽にしたり、手すりを設置して安全性を高めたりといった改造工事のことで、高齢者や身体にしょうがいのある人など、誰にでも暮らしやすく使いやすい住まいとすることです。工事の費用については内容によって異なりますが、手すりの設置なら数万円からでも施工が可能です。床のフラット化でしたら数十万円程度の費用を考えておくと良いでしょう。居住している自治体によっては補助金が受給できるケースもありますので問い合わせてみることをおすすめします。

新着情報

↑PAGE TOP